シアリスジェネリック 通販 個人輸入

正常な勃起とは?

性的刺激を受けると脳に性的興奮が伝わり脳かた男性器の血管を拡張させるよう指令がでます。
血管の弛緩により男性器の中に大量の血液が流れ込みスポンジ状の海綿体に大量の血液が溜まります。
血液で満たされた海綿体が膨れることで男性器を硬い状態になるのは勃起現象です。

 

正常に勃起した男性器は射精が終わり、性的興奮が落ち着くと再び脳から指令がおこり血管の弛緩が止まり、 海綿体の血液も男性器の外に流れだすことで硬い勃起状態から通常サイズの男性器に戻ります。

EDに悩む男性の年齢別の人数と合計人数

完全に勃起しないEDと中等度EDを合わせて現在の日本人のED患者数は約1800万人とも言われ成人男性の4人に1人が悩みを持っていると言われています。

 

  • 60代のED患者数は全体の約50%を占めており約900万人
  • 50代の患者数は全体の約30%、約540万人
  • 40代は約15%と言われており全体から言うと約270万人
  • 30代までは約5%と言われており、約90万人

全国に1130万人のEDに悩む男性がいるのに受診しない理由

日本のED患者数は1998年に調査されたことがあり、その時点で1130万人に達すると言われていました。

 

十数年前のデータである事と、EDの原因ともされる『ストレス』を多く抱える現代社会では、更に膨大な数に達している事が予想されており、一説では現在は1800万人にのぼるであろうと言われています。

 

しかしその患者数に対して、実際に病院へ受診し治療を行っている患者数の割合は決して高くありません。
数値にして約5%とされています。

 

受診しない方が理由として多く挙げるのは、『恥ずかしい』というものです。
他に、『性行為にさほど関心がない』『日常生活には不自由してない』といった理由が挙げられる様です。

 

しかし、EDは放置しておくと必ず悪化するとも言われています。
病医院やクリニックなどで処方されるED治療薬は、心臓病で硝酸系の薬を服用しているなどの特別な事情がない限り、誰でも安心して使えます。
頭ではわかっているものの・・・、と悩んでるパートナーがいたら、そんな時、背中を押してあげるのも女性の大切な役目かもしれません。
尻込みせず、早めの対策を講じる事が大切だと言えます。

男性のEDで悩む女性の声

  • 子供が欲しいのに作れない
  • パートナーに受診を勧めているが病院に行ってくれない
  • どう治していけば良いのか分からない
  • セックスなしでずっと好きでいられるか自信がない
  • 自分に魅力が無い様に感じる、落ち込んでしまう
  • 結婚に踏み切れない
  • パートナーとの仲が険悪になりがち
  • パートナーにどう切り出して良いか分からない
  • ED治療の話を持ちかけるとパートナーが怒るので解決に動けない
  • 受診もパートナーへの相談も切り出すのが恥ずかしい

動脈性EDとは?

EDとは、勃起障害、あるいは勃起不全症と言われています。
性交のとき十分な勃起状態を得られないことを指します。
よく似た言葉でインポテンスがありますが、こちらは勃起が不十分なため性交が行えない状態です。
Erectile Dysfunctionを略してEDと呼ばれます。

 

勃起の仕組みは、次の通りです。
外部から受けた性的刺激が脳を通じて陰茎に伝達され、血液が陰茎部分に流れ込み、陰茎部分が大きく膨らみます。
これが勃起の状態です。

 

一方、動脈性EDとは、動脈が詰まったり狭くなることで、動脈硬化が起きたり血栓ができます。
それが原因でEDになることです。

 

静脈性EDとは?

静脈性EDは、陰茎部分に血液の流れはあります。
しかし、静脈系の閉鎖機能がうまく機能せず、陰茎内に血液をためておくことができないため起こるEDのことです。

 

肉体的機能の異常によって起こる器質性EDと呼ばれる中の血管性EDに分類されます。

 

静脈から流れ出てしまう血液を防ぐため、陰茎の静脈系を切除するか、塞ぐなどの外科手術で治療を行います。
この手術は体への負担も少ないのですが、別の静脈で同じ症状が出る可能性があり、再発の可能性が高いとも言われています。
患者が若く、動脈が健全であれば手術は可能なようです。

 

テクノ依存症による心因性ED

テクノ依存性とは、ネット依存症ともいい、ネットサーフィンなどのネット環境の中にどっぷり浸かってしまうタイプとプログラマーのようにPCに没頭しすぎることにより現れる失調症状です。

 

これの一番の難点は、人付き合いを煩わしいと感じるようになってしまうコミュニケーション能力の喪失を伴う症状が起こります
特に最近の若い男性に多く、本物の人間(女性)と付き合うよりバーチャルな女性を求め、生身の人間でなく漫画や画像の中の女性で満足してしまい、悪化した場合2次元の女性でないと勃起できない男性さえ増えている状況です。

 

確かに生身の人間は相手の感情を考えながら行動しなければいけないので、自分のタイミングで好きなだけ妄想できるバーチャルの世界は楽かもしれません。
しかし、これは、生身の人間には興味をいだけなくなる危険性があるため注意が必要です。